ABOUT | アバウト

Biography


Sonja Kanno was born 1982 in Germany.
Since 2011, she is living and working in Tokyo, Japan.

Kanno is fascinated by the transitory character of impermanent environments, which she captures in her abstract paintings. She has previously collaborated with artists in different media, such as performance, installation and media art. Kanno holds a Master’s Degree in Fine Art from Hanze University Groningen, The Netherlands, where she graduated cum laude. Her artwork has been exhibited at galleries, art fairs and in public spaces.

経歴


ソーニャ カンノは、1982年にドイツで生まれ。
2011年から東京在住。

永遠のように感じる環境の一時的な一面を切り取り、抽象絵画として画面に表現する。 そのほかにもパフォーマンス、インスタレーション、メディアアートなど様々な媒体のアーティストとコラボレート。 オランダのHanze大学グローニンゲンで修士号を取得し、首席として卒業。 作品は、ギャラリー、アートフェア、公共スペースで展示。

Artist Statement


“With an exploratory curiosity, I investigate the nature of impermanent environments.

“The medium of painting – the infinite ways layers and transparencies can be used – is the perfect means for me to convey and capture a state of transitoriness. By alternating translucent glazes with opaque layers of paint, I construct an interplay of elusive surfaces.

“The painting process itself mirrors my experience of the nature of impermanence. It is an elementary process that arises from a state of present observations, experiences and feelings. Layer upon layer, the painting is transforming into an abstract composition, which can be seen as an expression of the transitory nature of the present moment.”

アーティストステートメント


「探検的な好奇心をもって、永久的環境の性質を調べる。」

「絵の媒体 – 無限の層と透過性 – は、私がトランジションの状態を捉えて伝えるのに最適な手段です。 不透明な塗料の層で半透明の釉薬を交互に使用することによって、複雑な表面の相互作用を構築します。」

「絵画のプロセス自体は、私の比永続的な経験を反映しています。 それは、現在を観察、経験、感情の状態から生じる基本的なプロセスです。 絵の具が多層化すると絵画は抽象的なコンポジションに変換され、現在の一時的性質の表現となります。」